配線および設置の方法

間違えやすい取り付け例


①CTがカチッと言うまで締まっていない

IMG_1131

写真のようにCTの上下に隙間が残っていると、電流を計測できません。


②電流が流れていない方のコードにCTが取り付けられている

IMG_1133

一般的な100V電源コードは2本のコードが組み合わさっていますが、電流が通っているのは片方だけです。そのため、電流が通っていない方のコードにCTを取り付けても負荷電力は計測できません。写真は②のコードにCTを取り付けてありますが、負荷電力を計測できない場合は①のコードにCTを取り付け直すとうまく計測できるようになる場合があります。


③CTに書かれた矢印と電流の向きを一致させる

IMG_1134

電気の流れる方向とCTに書かれた矢印の向きは、一致させる必要があります。

About Author: kokubo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連サイト